Google
Web this site
Europe hotel index
travel info

2005年に滞在したホテル

年明け2月から1ヶ月ほどハノイへ出張し、その後、2004年末に発生したスマトラ沖大地震による津波被害の復興支援のため4月と12月にモルディブへ出張した。9月には会社を辞め自己責任で仕事をすることにした。

2004年< 2005年 >2006年

ハノイ Somerset Grand Hanoi

ハノイでは1カ月以上ならばいつもこのサービスアパートに滞在している。米国人の間では嘗てハノイヒルトンと呼ばれた場所の跡地に建つ、隣が業務ビルとなり、ツインタワーとなっている。部屋は、最も狭い部屋が1LDKまたは2LDK、家具付きで直ぐに住める。インターネットもWiFi完備。1ヶ月1800ドル。

Somerset Grand Hanoi

No 49 Hai Ba Trung Street, Hanoi, Vietnam

http://www.somerset.com/vietnam/hanoi/somerset_grand_hanoi.html

モルディブ・マーレ(2005年4月)

2005年にモルディブへ出張した。モルディブといえばアイランドリゾートに代表されるのだが、仕事ゆえ、首都のマーレに滞在した。モルディブ(マーレ) のホテルは全体的にサービス精神が欠落し、地理的な条件から部屋が狭くコストパフォーマンスが低いとの印象を最初に持った。まあ、売り手市場なのだろう。 金曜日にはベッドメイキングはない。これまた不思議なサービスだ。

モルディブ・マーレ(2005年4月)Hotel Relax Inn, Male

Apr. 2005

監獄といわれたホテル。左側の旧館と右側の新館に分けられそれぞれ部屋の大きさが違う。旧館のエレベータは欧州式、新館は米国式の階の数え方をする。監獄 は、この旧館の窓の無い部屋を割り振られた人が言い出した表現、部屋を見せてもらったが、的は外れていなかったと思う。新館のほうはそんなことはないらし い。9階のスイートにはジャクジー付きの部屋がある。

私が泊まったのは旧館3階(実質4階)の小さなベランダが付いていた部屋303だった。東向きだったので朝は日が差し込んだ。直ぐ下に通りがあり、朝、シャワーを浴びた後イスに座って眼下を眺めたものだ。通りの先には海が見えた。

この部屋、寝るだけといったほうが良さそうなつくりだった。シングルベッドが二つ並べてあったものの、寝てみたら足が出そうな長さと、幅が狭く落ちそうな ベッドだった。机は仕事など出来るようなサイズではなく、飲み物を置くテーブルといったサイズ、よって、このホテルは、寝るだけの空間として利用した。

このような状況であったあったが58.3ドル/泊(税、朝食込み)と割高だった。朝食もやや寂しい内容。擦り切れたタオルが痛いホテルだった。

USD58.3-67/night inc.breakfast

Hotel Relax Inn, Male
Ameeru Ahmed Magu,
Henveyru, Male
Tel.+960-331-4531, Fax. 331-4535

http://www.hotelrelaxinn.com/

モルディブ・マーレ(2005年4月)、Hotel Nusandhula Place, Male

マーレでは由緒あるホテルとの評判だったので、Hotel Relax Innしか知らないのはと思いこちらにも泊まってみることにした。部屋数が少なく最初は予約を入れるのに一苦労したが、帰国前数日間空いていたので滞在した。

部屋は2階建ての低層、全部で16室程度のホテルだ。私の部屋が2階の一番端、216号室だった。ベランダからは屋根越しに空港島が見えた。部屋は、キン グサイズのベッドとバスタブ付き・トイレと先のホテルと比較すれば格段に良くなった印象だった。朝食はガーデン・カフェで取る。屋内もあるが椰子の木陰で ブレックファストは気持ちがよい、朝早ければ尚清々しい。目の前がjettyのとおりなのでやや騒々しさもあるが、塀を隔てただけでかなり違ってくる。

USD81/泊(朝食、税込み)ハイシーズン、 USD76/泊(朝食、税込み)オフシーズン。Apr. 2005

Hotel Nusandhula Place, Male
Boduthakurufaanu Magu
Male 20 05
Maldives
Tel.+960-333-8844 Fax 332-0822
nasndhra@dhivehinet.net.mv

http://www.nasandhurapalace.com/

モルディブ・マーレ(2005年7月)、Candies, Male(7月)

Relax Innを右に見てKAM Hotelの前を左に行き、直ぐ右の道を入った右側にある。扉を開けると、熱帯の植物が飛び込んくる。小さな空間を上手に表現している。正面に小さなプー ルがあり、その前を右へいくとレセプション。建物は、3階建て、部屋数は17部屋、表に面している部屋は少ない。裏側の部屋は窓が廊下側にしかなく窮屈な 印象。

部屋は真新しく、家具調度類は小奇麗、ダブルベッドもグッド。でも狭い。エアコン付き。TVは14インチ、衛星放送。NHKも観られる。Rm.313はお薦め。天井の高さが部屋の狭さをカバーしている。朝、日が入りその眩しさと暑さで目が覚めることが良くあった。

Candies
Candies, Dheefuram Gholhi, Henveiru
Male
Tel.+960-331-0220, Fax.331-0330
candies@dhivehinet.net.mv
USD50-55/night (off)
USD65-70/night (High)

マーレ以外の地方島(2005年7月)、Laamu Atoll, Fonadhoo Island

Laamu Atoll, Fonadhoo Island
July 2005
一般的に許可無く外国人が立ち寄れないため外国人用ホテルはないが民宿がある。Mrf.275(3食付き)
鍵など閉める必要が無く非常に快適、ディーゼル発電機が近くにありやや音が気になった。蚊には十分な配慮をしないと身体中刺される。